fc2ブログ
SEO対策:うつ病

リタリン・・・。

「依存性の高い向精神薬「リタリン」の乱用問題に絡んで、警視庁生活環境課は16日、東京都新宿区の精神科「東京クリニック」を医師法違反(無資格医業)容疑で家宅捜索した。直接診察をせずに処方せんを宅配便で送るなどしていたため、インターネットなどを通じて利用者の間で有名になっていた。・・・」
2007年11月16日 毎日jp


以前もリタリンについて書いたことがありますが、
この病院は本当に有名な病院です。


今は、同じ病院名で違う医師がやっているようです。


以前から「リタリン」の依存性などに、
疑問を持っていた人もいると思います。


妻の入院先にも、
「リタリン」を服用し、薬物依存になった人もいましたし、
依存性、乱用、離脱症状、中毒症状など問題になっていました。


「リタリン」について下記のページが参考になると思います。
赤城高原ホスピタル リタリン乱用


今年に入って、社会問題にもなり、
厚生労働省がうつ病の適応を削除しました。


ただ、新たな問題もあるようで、
ADHD(注意欠陥/多動性障害)患者さんは
これから先、処方してくれなくなるかもしれないそうです。


また、リタリンの適切な使用で助かっている患者さんもいるようで・・・。


色々難しいですね・・・。



「ADHD・難治性うつ病へのリタリン処方を求めていく患者と支援者の会」
というのもあるそうです。


個人的には、うつ病の適応削除は良いことだと思っています。


よかったら応援クリックお願いします。
FC2ブログランキング   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

スポンサーサイト



thame:薬・医者・病院等 genre:心と身体
うつ病関連ニュース | trackback(0) | comment(4) | 2007/11/16 Fri
<< OD・・・。 | home | 病院を変えようか・・・。 >>

Comment

JINさん、お久しぶりです。
少し前にメールさせていただいたBrightです。
なかなかメールできなくて、今日久しぶりにblogの方を拝見しました。
いろいろあったようで…いつも応援しています。

私の妻はいまは3週間ほど独身バツイチの友人のところに厄介になって、1週間ぐらいは家に帰ってくる(子供の学校行事などに合わせて)と言う感じです。

それが自分なりのバランスのとり方のようなので、好きなようにさせています。
そのせいか、先月末に帰って来た時は少しいい感じでした。
以前に私が「思ったことや、直接言い難いことが会ったら書いて」と渡していたノート、最初は激しく拒絶されて、そのままになっていたノートにいつの間にか思ったことや自分の様子を書いてくれていました。
再び友人の所に帰った日に私の机の上に置いてありました。そして意外なことに僕へのプレゼントも添えられていました…とても嬉しかった。

最近は新しく処方されたデプロメールという薬があっているようで、割合調子よく過ごせているようです。
昨日の妻の誕生日は私がプレゼントしたオリジナルCDを聞きながら気分よく過ごせたとメールくれました。色んなことを思い出しながら涙が流れてきたと。
来週また帰ってくる予定です。

JINさんがどこかで書いていた「温かい無関心」と言うのはやはり大事なように思います。それが安心できるようです。
少しでも楽に過ごしてもらえるよう、また気を配りたいと思います。

寒くなってきましたね。
ZINさんもご自愛ください。奥様お大事に。

2007/11/18 Sun| URL | Bright [ 編集 ]
Brightさんへ。

お返事遅くなってしまい申し訳ありませんでした。

その後、少し落ち着いたようで、良かったですね。

ご自身の接し方や、その家庭の接し方が見つかると、とっても楽になると思います。自分にも、患者さんにとっても。

何事も、あせらず、ゆっくりやっていきましょう。

これからもよろしくお願いします。
2007/11/22 Thu| URL | JIN [ 編集 ]
初めまして

心の病は接し方も千差万別、いろいろと試行錯誤の繰り返しながら
求心なさっているのでね。

こう有るべきだ!ではなく・・・こうで有っても良いのではと云う
成り行きに任せる良い意味でのルーズさも必要かも知れません。

心の曇りを薬で取り除く事が本当に出来るのでしょうか?

2007/11/23 Fri| URL | poemu8y [ 編集 ]
poemu8yさんへ。

はじめまして。

>心の曇りを薬で取り除く事が本当に出来るのでしょうか?
完全には無理なのではないでしょうか?
一時的には取り除けても、本当の意味で取り除くことは出来ないような・・・。
個人差もあると思いますが。


以前にも書きましたが、
薬に頼らないように、薬に助けてもらうような感覚でやっていけたら良いのかなぁと思っています。

なにごとも、あせらず、ゆっくりです。
2007/11/24 Sat| URL | JIN [ 編集 ]

Comment form


管理者にだけ表示

Trackback

この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| home |